モロッカンオイルの正しい使い方。 trees2

 

「モロッカンオイル」

モロッカン ヘアートゥリース

雑誌やネットを見ている方なら1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

海外のモデルやセレブ、日本国内でも絶大な人気を誇っているオイルトリートメントです。

 

そもそもモロッカンオイルってがいいの?

モロッカン ヘアートゥリース

モロッカンオイルには「アルガンオイル」が入っています。

アルガンオイルとは、高い浸透性と保湿力をもったオイルで

抗酸化作用があるオイルなので活性酸素の除去や消臭効果もあります。

最近だとヘアケア以外にスキンケアやマッサージオイルとしても使われることが

多いオイルです。

 

アルガンオイルは、アルガン樹と呼ばれる木から摂れる種

100gから1ℓしか取れない貴重なオイルで摂れる地域も南米の一部のみと

限られています。

モロッカンシリーズはそんな貴重なオイルのさらに純度の、すべての商品に配合していて

シャンプーをしながら、スタイリングをしながら髪を補修していきます。

香りはバニラムスクの香りで、少し甘めな香りが特徴的です。

 

アウトバストリートメントの種類

 

オイルトリートメントには大きく分けて2種類あります。

 

  • 表面吸着型
  • 内部浸透型

 

読んで字の如くで表面にコーティングして摩擦や乾燥から守るものと、

中に浸透して髪内部から補修してくれるタイプ。

表面にコーティングするタイプは内部まで浸透することはないのでつけすぎると重くなるのが特徴。

浸透するタイプは内部まで浸透していくので重くなったりベタついたりがないので

スタイリング後もサラサラになります。

 

ちなみにモロッカンオイルは内部浸透型です。

モロッカンオイルは他のオイルトリートメントと違って正しい使い方をするとさらに効果が増します。

 

モロッカンオイルの正しい使い方

モロッカンオイルは、濡れている時と乾いている時にお使い頂けます。

ウエットの髪

  • 適量を手に全体に馴染ませてから、タオルドライ後の髪に付けます。
  • 濡れている髪はオイルの伸びがいいので1プッシュで十分です。
  • つけたら普通に髪を乾かしてください。おそらくいつもより乾くのが早いと思います。

ドライの髪

  • ロング~ミディアムは2~2.5プッシュ、ショートは1~1.5プッシュ。
  • 手全体に伸ばしたら、髪全体になじませる。
  • 毛束をもって全体的に揉み込むようにつける。
  • 浸透型なので手に残っているオイルがなくなるまで揉み込む。

本当に手からオイルがなくなるのでしつこいくらい馴染ませてください。

ここまでやってあげるとベタつきやペッタリ感なく

つやつやさらさら~。になります。

※オイルの量はあくまで目安になります。髪の量、質やダメージレベルによって調節して下さい。

 

モロッカンオイルの種類

 

モロッカンオイルには普通のタイプと ”ライト”タイプ があります。

このモロッカンオイルライトは結構勘違いされている事が多くて、

髪の質感、オイルの重さが違うと思われています。

モロッカン ヘアートゥリース

この ”ライト” は重さではなく

『色』

が違うのです。

 

ハイトーンの髪の方に普通のモロッカンオイルを使うと、

オイルの色によってくすんだ色になってしまいます。

 

それを防ぐために登場したのがモロッカンオイルライトです。

色味がかなり薄くて色素が入ったりの心配はありません!

最近では明るい色の人が増えていて色が気になる方は

是非、ライトをお使い下さい。

 

モロッカンシリーズ

 

モロッカン ヘアートゥリース

モロッカンオイルにはオイル意外にも沢山のスタイリング剤やトリートメントがあります。

その全てにアルガンオイルが入っていて、

トリートメントはもちろん、ワックスやミルクでスタイリングするときも補修しながらスタイリングしてくれます!

匂いもオイルと同じで”バニラムスク”の香り。

スタイリングしただけなのに補修してくれるし、いい匂いもするなんて

一石三鳥ですね!!

 

これで髪が常に艶サラ間違いなし!!

ご購入いただいた際は是非お試し下さい。